カーテンを知ろう

お気に入りのカーテンを
見つけて素敵な生活を送りましょう!



 

素材について

カーテン生地に使用される素材(繊維)は、洗濯などで伸び縮みをするか、
長時間の使用に耐えられるかといった基本的な性能に加え、装飾性の高さ、
遮光性、防音・遮蔽性、保温、断熱性などさまざまな要素を考慮して選ばれ
ます。現在は、化学繊維の「ポリエステル」、「アクリル」、「レーヨン」が主流
です。

しかし最近では天然繊維も見直され人気が出ています。
重要なのは静電気の問題です。自然素材は叩いたり、掃除機をかけたりす
れば、ほとんどのホコリはきれいに除去されます。ですから、洗濯が面倒な
人は自然素材を選んだほうがいいですし、反対に洗濯しなければ気がすま
ない人は化繊を選びましょう。

ちなみに “レーヨン”は、原料も製造工程も自然素材と化学繊維の中間的な
ので、特性も中間的になります。現在では、単独でレーヨン100%で使われ
ている生地はほとんどなく、綿やポリエステルに混色されているので、その
混色される繊維によってその生地の特性が決まります。

店頭で何の説明もなく、ウォッシャブルのカーテンとそうでないものが掛かっ
ていたら、ほとんどの方がウォッシャブルのカーテンを選ぶと思いますが、
そうでない自然素材にも良いところがたくさんあります。せっかくですので素材にも注目してみて下さい。

 

化学繊維

  長所 短所
ポリエステル


カーテン繊維の主流。丈夫で
扱いやすく、光沢感があり手触
りもよく、形態安定性、ドレープ
性にも優れています。機能的に
は最も優れているといえます。


帯電しやすいので汚れ
やすいです。

アクリル


非常に軽量で保温性が抜群で
あること、かさ高性に優れ、発色
が良いこと、帯電性が小さく吸水
性も少ないために汚れがつきに
くいという特色があります。


熱に弱くて燃えやすい。
後処理で防炎加工が
できません。

レーヨン


染色性、吸湿性に優れ、ドレープ
性にも優れています。なじみやす
いことから、混紡・交織として使用
されることが多くなっています。

耐久性が低いことと、
水に弱く縮みやすい
です。

 

天然繊維

  長所 短所
綿

丈夫で染色性に優れる。

しわになりやすく収縮
しやすい。

耐水性、耐熱性、吸水性、
透湿性に優れる。

しわになりやすく、
ドレープ性にかける。

光沢感がありドレープも美しく、
発色性に優れる。

高価で、寸法安定性と
堅牢度が劣る。

おすすめWEBサイト 5選

日立
http://www.hitachi.co.jp/

 

 

 



Copyright (C) 2008 カーテンを知ろう  All Rights Reserved